太陽光発電について

今問われている電力不足を解決する有効な手段の一つとして、「太陽光発電」が特に注目を集めていますが、そもそも太陽光発電というものは、一体どのようなものなのか、実際に導入し設置を検討されるにあたっては多くの疑問が残るのが現状だと思います。そこでここでは、太陽光発電を導入し設置するにあたって、必要とされるであろう太陽光発電の基礎知識をご紹介いたします

国による補助金

太陽光発電は、家屋の屋根に設置した太陽電池(ソーラーパネルによって、太陽から放出される光エネルギーを電気エネルギー)へと変換するシステムのことを指します。屋根に設置された太陽電池で作られた電気は、直流のため、専用のパワーコンディショナー(変換設備)によって、ご家庭でもご利用できる交流の電気に変換するのです。これにより得られるメリットとしては大きく3つ。
まず、1つ目のメリットは、上記のように太陽光発電システムを利用することで、ご自宅で電力を生成できるため、電力会社から供給される電力よりも、光熱費を圧倒的にお安い値段に削減することができることです。
2つ目としては、太陽光発電システムにより生成し余った電気は、"余剰電気"として高い料金単価で電力会社へ売却することも可能で、単なる節電効果だけでなく、高い経済効果が見込めることも大きな魅力要因の一つと言えます。
さらに最後に、2011年に起きた大地震などの際に行われる計画停電時でも太陽光発電システムを利用して電気を蓄えておけば、1600Wまで電気をご利用することが可能であるため、太陽子発電システムは災害対策としても非常に有効な手立てとなります。太陽光発電はまさに、日本の多くの方にとって最適なエコの手段の一つといえるのです!

国による補助金

最近の太陽光発電の普及具合って?

2009年、一時ストップされていた太陽光発電の補助金給付が復活して以来、売電価格(電気を売る価格)が48円/kwへ引き上げられたことを契機に、2012年現在までの間に、太陽光発電の設置・導入は各家庭で急速に増加してきています。
1993年、一般住宅用の太陽光発電の販売当初では年間1000世帯にも達していなかった住宅用太陽光発電の導入ですが、2010年には年間増加数で10万世帯を超え、さらにこれまでの累計では既に90万を超える世帯が太陽光発電を導入・設置しています。そして、昨年2011年には太陽光発電を設置している世帯数は100万世帯の大台を突破し、エコがブームとなっている近年で加速度的に増加しているのです。こうした太陽光発電の導入をされる家庭が急速に増加してきている背景としては、大きく以下の2点の理由が考えられます。
太陽光発電そのものの認知度の向上
テレビコマーシャル等のメディアへの積極的な露出など、国や自治体だけでなく、各メーカーや設置業者が、各家庭へ太陽光発電を導入させるために、太陽光発電の普及活動を拡大させています。また、実際に導入した方から経験談ベースで太陽光発電導入のメリットや、太陽光発電業者の紹介という形でクチコミ形式での拡大も近年進んでいます。

【エコに関心を持つ人の増加】
太陽光発電のみに関わらず、昨今のエコブームの中でそもそもの環境問題(CO2の排出等による地球温暖化)について真剣に向き合う方が増えています。クールビズやウォームビズなどの身近なエコも然ることながら、天然資源の枯渇による新エネルギーの開発問題、原子力発電の危険性などに伴うエネルギー問題もより表面化、深刻化していることも要因の一つと言われています。
太陽光発電の導入を経験した方々が口を揃えて言うのが、「太陽光発電を導入することで、想像以上に多くのメリットを享受できた。」ということです。そして、そういった"太陽光発電を導入した"場合の経済的メリットと、"太陽光発電を導入しなかった"場合との経済的デメリットを比較し、「太陽光発電の導入は家計を助けるだけでなく、環境への配慮としても、家庭でできる最適な手段である。」という結論が明確に出ているのです。

最近の太陽光発電の普及具合って? 最近の太陽光発電の普及具合って?

あなたも、ご自宅で太陽光発電してみませんか?

現在、日本で作られている電力の約90%は火力発電と原子力発電によってまかなわれています(残りは水力発電や風力発電など)。
これらの発電方法は、地球温暖化促進・化石燃料枯渇・放射能汚染など非常に重大かつ多くの問題を抱えています。一方で、太陽光発電の源である太陽光エネルギーは半永久的に供給されると言われている(というのも、太陽光発電は太陽がなくならない限り可能なためです。)ため、枯渇する心配は必要なく、かつ危険性も一切ありません。
その上、そのエネルギー量は、1時間あたりに太陽から放出される太陽光エネルギーだけで地球全体の消費電力の1年分を賄うことができるとさえ言われています。多くの問題を抱えている現行の発電方法と、無限に供給可能、かつクリーンに利用できるこの太陽光発電。どちらを使うべきかは明白だとは思いませんか?
この太陽光発電こそが、現代の文明水準・生活水準を維持しつつ、かつ私たちの子孫の世代にわたってより良い地球環境にしていくための最も素晴らしい発電方法であると、私たち(太陽光発電一括見積りMAX)は考えています。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組みは、いくつかのステップに分かれています。まず、太陽光パネル(ソーラーパネル)に直接、太陽光が当たることによって"直流電力"を発電します。次に、それを「パワーコンディショナー」という装置で、家庭用の電力として使用することができる、"交流電力"に変換するのです。そこから各家庭に設置された分電盤を通じて様々な家電製品に太陽光発電による電力が供給されます。
太陽光電池モジュール:太陽光を専用の太陽光パネルで受けることで発電
パワーコンディショナー:太陽光電池モジュールで発電された"直流"の電力を、パワーコンディショナーで家庭でも利用できる"交流"の電力に変換します。
分電盤:発電した電力を、家屋内の各部屋のコンセントから使用できるようにする装置。一般的には、「ブレーカー」といわれる。
電力メーター:これまでついていた、電力を買うためのメーター以外に、太陽光発電を導入すると、太陽光発電によって発電した電気を売却するためのメーターを設置
発電電量が消費電量を上回った場合は、電力会社へ送電し、電気を売電することもできます。一方で、曇りの日や雨の日など、天候が悪い日や夜間などは、太陽光が当たらないため、太陽光発電で発電した電力では足りない場合が多いので、その不足分に関しては通常通り電気会社から電気を購入します。

今すぐ無料見積り依頼スタート
産業用太陽光発電一括見積り